第27回(平成28年度)臨床薬理研究振興財団賞受賞者(敬称略)

学術奨励賞

楠原 洋之(東京大学大学院 薬学系研究科)
トランスポーターの分子基盤に基づいた臨床薬物動態学研究

学術論文賞

長沼 美代子 (東京女子医科大学附属病院 臨床研究支援センター)
Clinical Outcomes and Anticoagulant Intensity in Japanese Nonvalvular Atrial Fibrillation Patients ≥65 Years of Age with a CHADS2 Score 0-1 and Taking Warfarin.
臨床薬理 第46巻

米納  誠(医療法人 相生会 にしくまもと病院 臨床薬理センター)
Urodynamic Measurement of Urethral Closure Function in Women with Stress Urinary Incontinence: A Randomized, Double-Blind, Single-Dose, Two-Period Crossover Study of Duloxetine.
臨床薬理 第46巻

髙田 龍平 (東京大学医学部附属病院 薬剤部)
NPC1L1 is a key regulator of intestinal vitamin K absorption and a modulator of warfarin therapy.
Science Translational Medicine 第7巻


財団賞 臨床薬理研究振興財団賞は、我が国における臨床薬理学の発展・普及と医療の向上に資することを目的に1990年に創設されました。
一般社団法人日本臨床薬理学会を通じ募集、現在は学術奨励賞と学術論文賞の2賞を贈呈しています。詳細は日本臨床薬理学会のWebサイトをご覧ください。

   

◆メールメール 〒103-8234 東京都中央区日本橋3-14-10 ◆アクセス ◆プライバシーポリシー(個人情報保護方針) ◆サイトマップ

 
copyrightJapan Research Foundation for Clinical Pharmacology