財団賞 臨床薬理研究振興財団賞は、我が国における臨床薬理学の発展・普及と医療の向上に資することを目的に1990年に創設されました。
一般社団法人日本臨床薬理学会を通じ募集、選考し、現在は学術奨励賞と学術論文賞の2賞を贈呈しています。詳細はこちらをご覧ください(日本臨床薬理学会のWebサイトへリンクします。)


第27回(2016年)以前の臨床薬理研究振興財団賞受賞者一覧(敬称略・所属は受賞当時)

第27回(2016)

学術奨励賞

楠原 洋之(東京大学大学院 薬学系研究科)
トランスポーターの分子基盤に基づいた臨床薬物動態学研究

学術論文賞

長沼 美代子 (東京女子医科大学附属病院 臨床研究支援センター)
Clinical Outcomes and Anticoagulant Intensity in Japanese Nonvalvular Atrial Fibrillation Patients ≥65 Years of Age with a CHADS2 Score 0-1 and Taking Warfarin.
臨床薬理 第46巻

米納  誠(医療法人 相生会 にしくまもと病院 臨床薬理センター)
Urodynamic Measurement of Urethral Closure Function in Women with Stress Urinary Incontinence: A Randomized, Double-Blind, Single-Dose, Two-Period Crossover Study of Duloxetine.
臨床薬理 第46巻

髙田 龍平 (東京大学医学部附属病院 薬剤部)
NPC1L1 is a key regulator of intestinal vitamin K absorption and a modulator of warfarin therapy.
Science Translational Medicine 第7巻

第26回(2015)

学術奨励賞

米澤  淳(京都大学医学部附属病院 薬剤部)
個別化療法を目指した抗体医薬の臨床薬理学的研究

学術論文賞

中村 正生 (美濃市立美濃病院 整形外科)
Significance at a Glance: A New Method for Presenting Multiple Results.
臨床薬理 第45巻

三坂 眞元(福島県立医科大学医学部 薬理学)
Green tea ingestion greatly reduces plasma concentrations of nadolol in healthy subjects.
Clinical Pharmacology & Therapeutics 第95巻

上杉 美和 (京都大学医学部附属病院 薬剤部研究室 )
Impact of cytochrome P450 3A5 polymorphism in graft livers on the frequency of acute cellular rejection in living-donor liver transplantation.
Pharmacogenet Genomics 第24巻

第25回(2014)

学術奨励賞

藤  秀人(富山大学医学薬学研究部 医療薬学研究室)
生体リズムを基盤とした抗リウマチ薬の至適投与法の構築

学術論文賞

橋口 正行 (慶應義塾大学薬学部 医薬品情報学講座)
Relationship between Genetic Polymorphisms and mRNA Expression of Dihydrofolate Reductase Enzyme in a Healthy Japanese Population.
臨床薬理 第44巻

志賀  剛(東京女子医科大学 循環器内科)
Lack of Pharmacokinetic Interaction between Pilsicainide and Rifampicin in Healthy Volunteers.
臨床薬理 第44巻

乾  直輝 (浜松医科大学 臨床薬理学)
Chronological effects of rifampicin discontinuation on cytochrome P450 activity in healthy Japanese volunteers, using the cocktail method.
Clinical Pharmacology & Therapeutics 第96巻

第24回(2013)

学術奨励賞

安 藤  仁(自治医科大学医学部 薬理学講座臨床薬理学部門)
トキシコゲノミクス手法を用いた薬物安全性臨床バイオマーカーの開発

学術論文賞

相 馬 まゆ子(天使病院 薬剤科)
Maternal-to-Fetal Transfer of Ritodrine in Twin Pregnancy
臨床薬理 第43巻

濱 田 哲 暢(国立がん研究センター研究所 臨床薬理部門)
Association of ABCB1 polymorphisms with erlotinib pharmacokinetics and toxicity in Japanese patients with non-small-cell lung cancer
Pharmacogenomics 第13巻

小 野  信(新潟大学大学院医歯学総合研究科 精神医学分野 )
Association between the GIPR gene and the insulin level after glucose loading in schizophrenia patients treated with olanzapine.
The Pharmacogenomics Journal 第12巻


第23回(2012)

学術奨励賞

川上 純一(浜松医科大学医学部附属病院 薬剤部)
がん性疼痛緩和領域における個別化薬物療法の構築

学術論文賞

中島  創(松永循環器病院)
Influence of genetic polymorphisms and non-genetic factors upon warfarin maintenance dose in Japanese elderly patients.
臨床薬理 第42巻

前田 章光(愛知県がんセンター中央病院 薬剤部)
Differential impacts of CYP2C19 gene polymorphisms on the antiplatelet effects of clopidogrel and ticlopidine.
Clin Pharmacol Ther 第89巻

柳町 昌克(横浜市立大学 発生成育小児医療学 )
Influence of polymorphisms within the methotrexate pathway genes on the toxicity and efficacy of methotrexate in patients with juvenile idiopathic arthritis.
Br J Clin Pharmacol 第71巻

第22回(2011)

学術奨励賞

増田 智先(京都大学医学部附属病院 薬剤部)
遺伝子多型・発現情報の肝移植後個別化免疫抑制療法への活用に関する研究

学術論文賞

原田 和博(医療法人社団 清和会 笠岡第一病院 内科)
Effect of Renal Impairment on the Pharmacokinetics of Disopyramide and Its Metabolite and Serum Insulin Level: A Single Dose Study
臨床薬理 第41巻

斉藤 和幸(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 新薬審査第三部)
Characteristics of Clinical Trials Conducted in Japan under the New GCP Guideline: Analysis of PMDA Audit Reports
臨床薬理 第41巻

首藤 英樹(福岡大学薬学部 薬学疾患管理学講座)
Medication use as a risk factor for inpatient falls in an acute care hospital: a case-crossover study.
Br J Clin Pharmacol 第69巻

第21回(2010)

学術奨励賞

志賀 剛 (東京女子医科大学 循環器内科)
循環器薬物治療とQOL評価

学術論文賞

猪爪 信夫 (北海道薬科大学 薬剤学分野)
Pharmacokinetics of ephedrine and pseudoephedrine after oral administration of kakkonto to healthy male volunteers.
臨床薬理 第40巻 3号

牛島 健太郎 (自治医科大学薬理学講座 臨床薬理学部門)
The inhibitory effect of cranberry juice on phenytoin metabolism by human liver microsomes.
臨床薬理 第40巻 2号

井岡 崇 (自治医科大学 内科学講座 腎臓内科学部門)
Hypertension induced by erythropoietin has a correlation with truncated erythropoietin receptor mRNA in endothelial progenitor cells of hemodialysis patients.
Clinical Pharmacology & Therapeutics 第86巻

岡田 裕子(高崎健康福祉大学 薬学部薬学科)
Pro32Thr polymorphism of inosine triphosphate pyrophosphatase gene predicts efficacy of low-dose azathioprine for patients with systemic lupus erythematosus.
Clinical Pharmacology & Therapeutics 第85巻

第20回(2009)

学術奨励賞

田代 学 (東北大学サイクロトロン・RIセンター 核医学研究部)
分子イメージング法を用いた創薬科学:薬物副作用と疾患病態研究

学術論文賞

今川 浩光 (大分大学医学部 臨床薬理学)
The recovery time-course of CYP3A after induction by St John's wort administration.
Br J Clin Pharmacol 65(5):701-7.,2008

貝田 勇介 (浜松医科大学 第二内科)
The CYP2A6*4 allele is determinant of S-1 pharmacokinetics in Japanese patients with non-small-cell lung cancer. Clin Pharmacol Ther 83(4):589-94.,2008

第19回(2008)

学術奨励賞

猪川 和朗 (広島大学大学院医歯薬総合研究科 病態薬物治療学)
標的部位pharmacokinetics-pharmacodynamics解析による抗菌薬療法の最適化

学術論文賞

安藤 真一 (福岡県済生会二日市病院)
Controlled-Release Nifedipine Effectively Inhibits Morning Hypertension: A Cross-Over Study with Doxazosin
臨床薬理,38(2),89-95

山田 浩 (静岡県立大学薬学部 医薬品情報解析学)
A Randomized Controlled Study on the Effects of Gargling with Tea Catechin Extracts on the Prevention of Influenza Infection in Healthy Adults
臨床薬理,38(5),323-330

古田 隆久 (浜松医科大学 臨床研究センター)
Pharmacogenomics-based tailored versus standard therapeutic regimen for eradication of H. pylori.
Clin Pharmacol Ther.81(4):521-8.

第18回(2007)

学術奨励賞

古郡 規雄 (弘前大学医学部 神経精神医学)
薬理遺伝学を用いた精神科領域における個別化医療の開発

学術論文賞

長井 友子 (昭和大学医学部 第二薬理学)
A Clinical Pharmacological Study to Evaluate the Sedative Effects of the Antihistaminic Drug, Diphenhydramine Hydrochloride(Drewell®):Objective Evaluation of the Sedative Effects by Analysis of Saccadic Eye Movement

鶴岡 秀一 (自治医科大学 臨床薬理学)
Severe arrhythmia as a result of the interaction of cetirizine and pilsicainide in a patient with renal insufficiency: First case presentation showing competition for excretion via renal multidrug resistance protein 1 and organic cation transporter 2.

増田 智先 (京都大学医学部附属病院 薬剤部)
Intestinal MDR1/ABCB1 level at surgery as a risk factor of acute cellular rejection in living-donor liver

第17回(2006)

学術奨励賞

河田 興 (香川大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター 新生児部)
新生児・小児科領域での医師主導治験に関する研究

学術論文賞

西川 寛 (大和市立病院 内科)
Adequate information to patients on lorazepam and its expected actions enhances the antianxiety effect of this drug during dental treatment

古郡 規雄 (弘前大学医学部 神経精神医学)
Different effects of three transporting inhibitors, verapamil, cimetidine, and probenecid, on fexofenadine pharmacokinetics.

杉本 光繁 (浜松医科大学 第一内科)
Comparison of an increased dosage regimen of rabeprazole versus a concomitant dosage regimen of famotidine with rabeprazole for nocturnal gastric acid inhibition in relation to cytochrome P450 2C19 genotypes.

第16回(2005)

学術奨励賞

古田 隆久 (浜松医科大学 第一内科)
「遺伝子多型に基づく消化器疾患のテーラーメイド医療の確立」

学術論文賞

井出 肇 (竹山病院 院長/昭和大学藤が丘病院 循環器内科)
自律神経調節に及ぼすカルシウム拮抗薬の作用について。
臨床薬理, 35(1), 1-8, 2004

伊藤 智範 (岩手医科大学 第二内科)
Y,3D-CAT Invetigators. : Local delivery of argatroban for the prevention of restenosis after coronary balloon angioplasty : a prospective randomized pilot study.
Circulation Journal, 68(7),615-622, , 2004

田代 学 (東北大学サイクロトロン・RIセンター 核医学研究部)
Central effects of fexofenadine and Cetirizine: Measurement of Psychomotor Performance,Subjective Sleepiness, and Brain Histamine H1-Receptor Occupancy Using 11C-Doxepin Positron Emission Tomography.
Journal of Clinical Pharmacology, 44,(8), 890-900, 2004

第15回(2004)

学術奨励賞

山内 高弘 (福井大学医学部附属病院 第一内科)
抗腫瘍薬領域でのゲノム薬理学を応用したTDMに基づくテーラーメイド治療

学術論文賞

塩見 真理 (明治薬科大学 薬剤学教室)
Shiomi, M. et al:Pharmacokinetic/pharmacodynamic model analysis of pegylated interferon α-2a in healthy subjects.  
臨床薬理, 34, 177-185, 2003

鶴岡 秀一 (自治医科大学 臨床薬理学教室)
Tsuruoka, S. et al:Chronotherapy of high-dose active vitamin D3 in haemodialysis patients with secondary hyperparathyroidsm : a repeated dosing study.
Br J Clin Pharmacol, 55, 531-537, 2003

岩佐 隆史 (万有製薬(株)つくば研究所 薬物動態研究部)
Iwasa, T. et al:An in vitro interethnic comparison of monoamine oxidase activities between Japanese and Caucasian livers using rizatriptan, a serotonin receptor 1B/1D agonist, as a model drug.
Br J Clin Pharmacol , 56, 537-544, 2003

第14回(2003)

学術奨励賞

福田 剛史 (大阪大学大学院薬学研究科 臨床薬効解析学)
薬効ゲノム情報に基づく薬物治療法の確立を目指した臨床薬理学的研究

学術論文賞

浦江 明憲 (医療法人相生会)
Contribution of angiotensin converting enzyme gene polymorphism to the action of angiotensin Ⅱ receptor antagonist (CS-866).
 臨床薬理, 33 (2): 37-46, 2002

倉田 賢生 (福岡県立消化器医療センター朝倉病院 薬剤科)
Role of human MDR1 gene polymorphism in bioavailability and interaction of digoxin, a substrate of P-glycoprotein.
Clin Pharmacol Ther, 72: 209-219, 2002

和田 篤 (茅ヶ崎市立病院 循環器内科)
Angiotensin Ⅱattenuates the vasodilating effect of a nitric oxide donor, glyceryl trinitrate: Roles of superoxide and angiotensin Ⅱ type 1 receptors.
Clin Pharmacol Ther, 71: 440-447, 2002

第13回(2002)

学術奨励賞

渡邉 裕司 (浜松医科大学 臨床薬理学講座)
エビデンスに基づいた医薬品リスト選定の方法論

学術論文賞

藤井 淳子 (熊本大学医学部附属病院 薬剤部)
Studies on pharmacokinetics of ethotoin in epileptic children and adolescents using a stable isotope.
臨床薬理, 32 (2): 59-64,2001

杉本 孝一 (自治医科大学 臨床薬理学)
Different effects of St John's Wort on the pharmacokinetics of simvastatin and pravastatin.
Clin Pharmacol Ther, 70, 518-524.2001

第12回(2001)

学術奨励賞

植田 真一郎 (横浜市立大学医学部 内科学第二講座)
薬物有害作用発現要因の同定をめざした患者データSNPsバンク設立準備

学術論文賞

三浦 崇則 (愛知県厚生連更生病院 薬剤科)
Digoxin中毒の発生率および臨床効果に及ぼす新しい目標治療Digoxin血清中濃度域の影響.
臨床薬理, 31 (6): 685-691, 2000

原田 和博 (笠岡第一病院 内科)
Antagonistic activity of tamsulosinagainst human vascular α1‐adrenergic receptors.
Clin. Pharmacol. Ther., 67: 405-412, 2000 

第11回(2000)

学術奨励賞

湯川 栄二 (九州大学大学院薬学研究科医療薬科学専攻 臨床薬学講座 薬物動態学分野)
Tailor-made Therapy を可能にする臨床薬理学的条件の検討

学術論文賞

橋本 泰明 (三木市立三木市民病院 薬剤部)
The effects of verapamil on the gastrointestinal metabolism of aprindine.
臨床薬理,30(3): 571-580, 1999.

古田 隆久 (浜松医科大学 第一内科)
CYP2C19 genotype status and effect of omeprazole on intragastric pH in humans.
Clin. Pharmacol. Ther., 65(5): 552-561,1999

第10回(1999)

学術奨励賞

長谷川 純一 (鳥取大学医学部 臨床薬理学教室)
医学部における臨床薬理学教育のあり方

学術論文賞

鈴木 昭仁 (弘前大学医学部 精神神経科)
ヒスタミンH1受容体遮断薬promethazineおよびhomochlorcyclizineがhaloperidolおよびreduced haloperidolの定常状態血漿濃度に与える影響について.
臨床薬理, 29(3): 517-523, 1998

高橋 晴美 (明治薬科大学 薬物治療学)
Metabolism of warfarin enantiomers in Japanese patients with heart disease having different CYP2C9 and CYP2C19 genotypes.
Clin. Pharmacol. Ther., 63: 519-528,1998

第9回(1998)

学術奨励賞

谷川原 祐介 (慶應義塾大学附属病院 薬剤部)
トランスポーター(薬物輸送担体)の臨床薬理学的研究

学術論文賞

中原 保裕 (日本医科大学附属多摩永山病院 薬剤科)
生体リズムにあわせたtheophylline投与法とround-the-clock療法の臨床効果の比較.
臨床薬理, 28 (1):15-23, 1997

平野 俊彦 (東京薬科大学 臨床薬理学教室)
Immunosuppressant pharmacodynamics on lymphocytes from healthy subjects and patients with chronic renal failure, nephrosis, and psoriasis: Possible implications for individual therapeutic efficacy.
Clin. Pharmacol. Ther., 62 (6): 652-664, 1997

第8回(1997)

学術奨励賞

小林 英司 (自治医科大学 臨床薬理学講座)
時間薬理学の治療への応用

学術論文賞

佐仲 雅樹 (東京医科歯科大学 難治疾患研究所 予防医学)
A convenient reference in prescribing beta-methyldigoxin for elderly patients.
臨床薬理, 27 (2): 489-496, 1996

木村 雅彦 (浜松医科大学 臨床薬理学講座)
Pharmacokinetics and pharmacodynamics of (±)-sotalol in healthy male volunteers.
Br. J. Clin. Pharmacol., 42: 583-588, 1996.

第7回(1996)

阿曽 亮子 (日本医科大学 臨床薬理センター)
不整脈患者におけるdisopyramide光学異性体のpopulation pharmacokinetics解析と蛋白結合および抗不整脈効果との関連性.
臨床薬理,26(3): 697-706, 1995
家入 一郎 (九州大学大学院薬学研究科薬物動態学講座)
Effect of 5-(p-hydroxyphenyl)-5-phenylhydantoin (p-HPPH) enantiomers, major metabolites of phenytoin, on the occurrence of chronic-gingival hyperplasia: in vivo and in vitro study .
Eur. J. Clin. Pharmacol., 49: 51-56,1995

第6回(1995)

猪爪 信夫 (東京医科歯科大学医学部附属病院 薬剤部)
Pharmacokinetics of intravenous famotidinn in elderly patients with and without renal insafficiency and in healthy young volunteers.
臨床薬理, 25(3): 563-567, 1994
和田 孝一郎 (鳥取大学医学部 臨床薬理学教室) UV-dependent quinolon-induced human erythrocyte membrane lipid peroxidation: Studies of the phototoxity of Y-26611, a new quinolone derivative. Pharmacol. Toxicol., 74: 240-, 1994

第5回(1994)

内海 晴海 (琉球大学医学部 精神神経科学教室)
多変量分散分析を用いた抗精神病薬の治療効果、副作用の予測に関する臨床薬理学的研究─Bromperidolについて─.
臨床薬理, 24(3): 469-480, 1993
横田 充弘 (名古屋大学医学部 臨床検査医学講座)
Hemodynamic mechanisms of the antianginal action of a novel vasodilater FK409 in dynamic exercise-induced angina

第4回(1993)

小林 真一 (聖マリアンナ医科大学医学部 薬理学教室)
塩酸リルマザホンの腎不全患者における薬物速度論的研究.
臨床薬理, 23(3): 573-580, 1992
堤 喜美子 (大分医科大学 薬理学教室)
Influence of food on the absorption of beta-methyldigoxin

第3回(1992)

河野 晴一 (国立療養所東京病院 薬剤科)
アセチル化遺伝的多様性と薬物誘導性紅斑性狼瘡の関連─イソニアジド誘導性紅斑性狼瘡─.
臨床薬理, 22(4): 723-730, 1991
下村 登規夫 (鳥取大学医学部附属脳幹性疾患研究施設)
Treatment of tention-type headache with tizanidine hydrochloride: Its efficacy and relationship to the plasma MHPG concentration

第2回(1991)

大戸 茂弘 (愛媛大学医学部 薬理学教室)
An influencing factor to predict plasma valproate concentration: Circadian stage-dependent kinetics.
臨床薬理, 21(4): 747-754, 1990
藤村 昭夫 (自治医科大学 臨床薬理学教室)
Circadian influence on effect of propranolol on exercise-induced tachycardia in healthy subjects

第1回(1990)

植松 俊彦 (浜松医科大学 薬理学教室)
Human scalp hair as evidence of individual dosage history of haloperidol



◆メールメール 〒103-8234 東京都中央区日本橋3-14-10 ◆アクセス ◆プライバシーポリシー(個人情報保護方針) ◆サイトマップ

 
copyrightJapan Research Foundation for Clinical Pharmacology